仕事内容のご紹介

当社の仕事内容の紹介です。

ベタ基礎(防湿基礎)

基礎工事

ベタ基礎(防湿基礎)は、現在多くの住宅が取り入れている基礎工事の方法で、建物の底一面を鉄筋コンクリートの基礎で支えます。

安定性が高く、地震の揺れや不同沈下にも強い造りになっています。

ベタ基礎にすると、地面から上がってくる湿気や白アリを防ぐこともできるので、建物の品質を長く保つことができます。

ただし、コスト的には布基礎に比べると割高です。

布基礎

基礎工事

布基礎は、建物の柱や壁の部分にコンクリートを打設(建築の基礎となるコンクリートを、枠の中に流しこむこと)する基礎工事の方法です。

布基礎はベタ基礎に比べてコストが低い、柱や壁にかかる荷重を受け止めやすいなどのメリットがあります。

その反面、地面からの湿気によってカビや白アリが発生する危険性があり、建物が古くなるとバランスが崩れてしまうケースもあります。

作業の流れ

地縄を張る(遣り方工事)

まずは建物が土地の中のどの部分に建つのかがわかるように、縄やロープで印を付けます。

「遣り方工事」とも呼ばれています。

次へ

根切りをする(掘削工事)

基礎を入れるために、パワーショベルなど重機で基礎の底となる高さまで土を掘ります。

次へ

砕石を入れる

「砕石」と呼ばれる細かく砕いた石を敷地全体に敷き、地面を転圧して地盤を固めます。

次へ

防湿シートを敷き、捨てコンクリートを流す

「防湿シート」を敷き、建物を建てる位置を間違えないように、印を付けるためのコンクリートを流します(捨てコンクリート)。

コンクリートが乾いた後、墨出し(基準線を引く作業)を行います。

次へ

鉄筋を組む(配筋)

建物を建てる位置が定まったところで、鉄筋を組みます。

次へ

外周の型枠を組み、ベース部分のコンクリートを打設

基礎の外周にコンクリートが漏れないように型枠を組み、ベース部分のコンクリートを打設します。

次へ

基礎内部の型枠を組み、基礎内部のコンクリートを打設

ベース部分のコンクリートが乾いたら、内部の立ち上がり部分の型枠を組み、コンクリートを打設します。

次へ

型枠を外し、雑コン・仕上げ

コンクリートの強度が出るまで養生したら、型枠を外します。

その後、仕上げ作業として勝手口や土間・給湯器置き場などのコンクリートを打設したり、不要なコンクリートを除去したりいたします。

次へ

基礎の完成

基礎が完成します。

地縄を張ってから基礎が完成するまでは、通常1ヶ月半ほどかかります。